違法となる要件を満たしていないギャンブル

オンラインカジノとインカジは違う

オンラインカジノとインカジは同じであると考えられがちですが、オンラインカジノとインカジは明らかに違います。
根本的な所で、オンラインカジノは違法ではありませんがインカジは違法です。

インカジの中には実際にオンラインカジノを利用しているところもありますが、問題となるのはオンラインカジノではなくインカジの在り方です。
インカジはマンションの一室などを借りてギャンブルの場、そしてギャンブルを提供していますが、まず日本国内でギャンブルを提供していること自体が違法です。

オンラインカジノとインカジは違う

日本の法律では公営ギャンブルの競馬、競輪、競艇、オートレース、宝くじ以外のギャンブルは認められていません。
そのため、その他すべてのギャンブルは違法ギャンブルとなります。
ここで気づいた方もいらっしゃると思いますが、実は身近にあるパチンコや麻雀も合法ギャンブルではないのです。
特にパチンコの場合は、店舗を街中のいたるところで目にするので、合法ギャンブルであると思ってしまいがちですが、パチンコは国が認めているギャンブルではありません。

それではなぜパチンコ店は運営することができているのでしょうか。
それは合法ではないけれど、違法と決定づける法律にも触れていないからです。
合法ではないということは違法である。
そう決定づけられない場合もあります。
パチンコがまさにそれにあたります。
違法ギャンブルと決定づけるのは賭博罪にあたるかどうかがすべてです。

パチンコには現在の賭博罪にあたる部分はありません。
これはパチンコ店側が三店方式という方法をとり、賭博罪から上手に逃れているからです。
このパチンコの運営方法については国も知っていますが、実際法律に触れていないため取り締まりが行われていないだけです。

しかしインカジは違います。
インカジは完全に賭博罪にあたりますので、パチンコのように取り締まりの対象から外されることはありません。
そのためインカジを利用した場合は、賭博罪により店側同様法律により裁かれることになります。

それではオンラインカジノはどうなのかというと、オンラインカジノはパチンコと同じで、合法ではないけれど賭博罪にはあたらないギャンブルです。
過去にはオンラインカジノを利用して逮捕されながらも、その後不起訴となったという事例もありますので、オンラインカジノを利用したからといって犯罪を犯したということにはなりません。

オンラインカジノは違法ではない。
インカジは違法。
これが現在におけるオンラインカジノとインカジの大きな違いです。

オンラインカジノが賭博罪にあたらない理由

オンラインカジノが賭博罪にあたらない理由

オンラインカジノが賭博罪にあたらない理由の一つが運営者が日本国内にいないということです。
賭博罪は元々は胴元を取り締まるための法律です。これは、悪を制すにはその元凶を叩かなければ意味がないという考えによるものです。
胴元と張り子の両者が同じ時間に同じ場所にいるということが賭博罪の大前提です。

胴元となるオンラインカジノの運営者、サーバーは海外にあるため、賭博罪の大前提である条件は崩されてしまいます。
賭博罪にはインターネットによる記述がないため、インターネットで海外のギャンブルを国内から利用しても罪にはなりません。
しかもオンラインカジノは海外の政府よりライセンスを受けて運営しているので、オンラインカジノが提供するギャンブル内容に不正は一切ありません。

賭博罪にあたらないだけでも違法ギャンブルになりませんが、オンラインカジノ自体が不正のない健全なサービスなので、この健全なギャンブルという点からもオンラインカジノを違法ギャンブルとして裁くことはできません。

オンラインカジノを選ぶ際に気をつけること

オンラインカジノを選ぶ際に気をつけること

オンラインカジノとその名だけを聞いて安全なギャンブルと考えてはいけません。
オンラインカジノ選びの一つとして絶対に外せないのがライセンスの有り無しです。
オンラインカジノは海外の政府発行のライセンスを受けて運営しています。
このライセンスがないということは逆に悪質なオンラインカジノである可能性が高くなります。

残念なことながら、払い戻しをしない、不正操作を行うなど悪質なオンラインカジノも存在します。
今では世界に2000以上のオンラインカジノがあると言われていますので、その人気の反面こうした悪質業者も登場してしまうのです。
オンラインカジノはサイト上にどこの国からライセンスを受けて運営しているかを必ず掲載していますので、オンラインカジノを利用する際はサイト上にこのライセンス情報があるかどうかを必ず確認するようにしましょう。

そして、オンラインカジノは海外の会社が海外にて運営しているため賭博罪から免れることができています。
ですので、日本の会社が運営しているという情報が掲載されているオンラインカジノはまず間違いなく悪質なオンラインカジノと判断できます。
日本の会社、または日本国内にいる日本人が関わっていると違法にあたります。
それは運営だけではなく、決済の代行においても変わりありませんので、オンラインカジノサイトの会社情報で日本の会社、または日本人が関わっていないということを確認してから利用を始めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です