勝ち逃げするのに適した攻略法

オンラインカジノでは、ベット術を覚えておくことで効率よく利益を狙えるようになります。
覚えておいて損をするようなものではありませんので、ベット術を覚えてオンラインカジノに取り組むことで、それまでとは違った収益を手にできる可能性もあります。

しかし、ベット術も多々ありますので、ベット術そのものに興味はあっても、どのようなベット術を覚えればよいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。
確かにベット術は様々です。目的も微妙に異なるものなので、何を覚えればよいのか分からないという声もよく分かりますが、そのような人にオススメのベット術がパーレイ法です。

パーレイ法は勝利を狙えるベット術

パーレイ法の特徴として、「勝利をより大きなものにするためのベット術」である点が挙げられます。
一口にベット術と言っても様々です。敗北のダメージを抑えるものや勝率を高めるものなど、それぞれに目的が異なります。
その為、ただ単にベット術を駆使するのではなく、自分の目指すゴールに近いベット術を駆使することが大切になるのです。

その中でも、パーレイ法は勝利した際の利益をより大きなものにするためのベット術になりますので、その点ではオンラインカジノに向いているベット術です。
オンラインカジノの特徴と言えば高配当ですが、パーレイ法であればオンラインカジノの高配当がより大きなものになる可能性を秘めています。

パーレイ法の手順

パーレイ法の手順は簡単です。
パーレイ法は「逆マーチンゲール法」とも呼ばれているように、基本的なベット術はマーチンゲール法と同じです。

マーチンゲール法はベット術の基本とも呼ばれているもので、負けたら負けた分、ベットを増やしていくものです。
これにより、勝利した際にそれまでの負けを帳消しにできるベット術として知られていますが、パーレイ法はベット術そのものは同じです。
但し、負けた時にではなく勝利した時にベット額を増やしていきます。
そのため、勝てば勝つほどより大きな利益を狙える点がパーレイ法の特徴です。

負けた分を回収する、いわば「負けを回避するためのベット術」であるマーチンゲール法に対し、パーレイ法はより大きな勝利を狙うものです。
負けた後にベットするか、勝った後にベットするか。その違いだけではありますが、目的は大きく異なります。

裏を返せばパーレイ法とマーチンゲール法の両方を覚えておけば、オンラインカジノに於いてどのようなシチュエーションに置かれても、とりあえず自分自身が行うべきベット術が見えてくることを意味しています。

パーレイ法を行う際の注意点

パーレイ法は勝利をより大きなものにするためのベット術ですがいくつか注意すべき点があります。
まずはタイミングです。これは「撤退のタイミング」と考えると分かりやすいでしょう。

オンラインカジノではいつ楽しむのかはもちろんですが、いつ辞めるのかもまた、全てプレイヤーの自由です。
自由さもまた、オンラインカジノの魅力ではありますが、パーレイ法は勝ち続けている限り続けられるものです。
ではいつ終わるのかといえば、負けた時に終わるベット術です。この点がマーチンゲール法と異なる点です。

マーチンゲール法の場合、負け続けているときに駆使し、勝利によって一旦は終了するベット術です。
一度の勝利によってそれまでの負けを取り戻すことができる手法なので、マーチンゲール法の終わりは「勝利」ですのでその点では分かりやすいでしょう。

一方、パーレイ法の終わりは「敗北」です。
勝ち続けている限りは続けられるもので、負けて終わりになってしまうのですが、オンラインカジノは決して「勝ち続けている限りプレイを続けなければならない」と定められているものではありません。
むしろいつ辞めるのかも含めてすべて自分の自由になりますので、パーレイ法を駆使する場合、自分自身でセーブすることになります。

「ここら辺かな」と思ったころ合いで「利確」する。勝てば勝つほど大きな利益が手に入るものの、負けてしまえば利益を手にすることはできません。
そのため、パーレイ法は自分自身で頃合いを見つけて撤退することが大切です。
しかし、敗北するまで続けなければならない道理はありません。
まさに「勝ち逃げ」が鍵になりますので、パーレイ法を駆使するのであれば、ベット術を駆使することはもちろんですが、撤退のタイミングもまた、重要になります。

まとめ

パーレイ法は決して難しい物ではありません。
どのような原理なのかさえ覚えてしまえば、実際に駆使するのみです。
勝ちが続く程に大きな利益を手にできるものですが、一方では負けによって終わるものである以上、何も考えずにパーレイ法を繰り出していると利益を削ることになってしまいますので、そのようなことにならないためにもい、「勝ち逃げのタイミング」を考えることも重要です。

その点ではパーレイ法は運用方法が問われる手法です。