スロットマシンで一獲千金

ギャンブルの醍醐味は、驚愕の一獲千金です。短時間で大金を入手できるなんて、夢のようではありませんか?

オススメとなるカジノゲームについて

初心者に推奨されているのが「スロットマシン」です。オンラインカジノは手軽に楽しめる「ギャンブル」ですが、ゲーム内容が複雑では片手落ちとなります。
「スロットマシン」は、コインをベットしてリールを回転させるだけですから、極めて簡単な操作方法で楽しめるのです。
これからオンラインカジノを始めようとしているならば、ぜひ「スロットマシン」をオススメします。

スロットマシンで億万長者?

「本当にスロットマシンで億万長者になれるのですか?」。初心者から質問がよせられました。お答えしましょう。
実際に「スロットマシン(メガムーラー)」で「約23億円」の大当たりが2015年に出現しました。これだけの大当たりは「宝くじ」でも無理でしょう?
しかも、「100万円」前後の当たりならば頻繁に出現しています。インターネットで情報を収集してください。スロットマシンの大当たり情報があふれています。

スロットマシンで大当たり?

オンラインカジノは手軽に楽しめる「ギャンブル」です。勝ちやすさの指標となるペイアウトが非常に高く、初心者でも長く楽しめます。
「カジノゲーム」にはさまざまな楽しみ方があり、少しずつ「勝ち」を積み上げる手法があります。しかし、なかには「一発」で大きな「勝ち」をめざしたい人もいるでしょう。
そのような人にオススメとなるのが「スロットマシン」です。そこで、実際に驚愕の金額を引き当てた事例を紹介しましょう。

「メガ・フォーチュン・スロット」で2013年1月にフィンランド人プレイヤーが「2400万ドル(約23億円)」を引き当てています。
この人が「ジャックポット」を引き当てるまでに使用した金額が「たった25セント」だったというから驚きです。ものすごい金額となりました。
それから2015年10月には「メガ・ムーラ・スロット」で26歳のイギリス人が「1321万ドル(約18億円)」を引き当てています。

日本の宝くじでは、これだけの高額当選を果たすことは不可能でしょう?
オンラインカジノで「スロットマシン」を楽しめば、驚愕の当せん金を手中に収める可能性があるのです。

大当たりをするためのコツ

「スロットマシン」で大当たりをするためには、多少のコツがあります。それは、「プログレッシブ・タイプ」を選ぶことです。
これは同一機種を連携させて、「ベット額」の一部を積み立てる方式を指します。
大当たりの賞金額が積み上がりますから、当選金額が驚異的な額へとふくらむのです。
しかも、「大当たり」が出現する確率は、「積立金額」と関連性がありません。なるべく多くの金額が積みあがっている機種を選ぶことが、大当たりへの近道といえるでしょう。

「積立金額」の確認は、「ジャックポットカウンター」のチェックでOKです。複数のオンラインカジノにアカウント登録を済ませておきましょう。
そして、こまめに「スロットマシン」の「ジャックポットカウンター」を確認すれば効率がよいことになります。

大当たりとなる「ジャックポット」はなかなか出現しませんが、出たときには驚愕の賞金となるのです。
たとえば、プレイテック社による「スロットマシン(ゴールドラリー)」では、普通の日本人主婦プレイヤーが「1億円以上」をゲットしています。
通常のカジノゲームでは獲得できない賞金が、「プログレッシブ・スロットマシン」ならば可能となるのです!

マックスベットのすすめ

「プログレッシブ・タイプ」で当選の権利を得るためには、「マックスベット」が条件となります。
「マックスベット」とは、1回当たりの上限コイン枚数を賭けることです。ですから、一獲千金を狙って「スロットマシン」を楽しむならば「マックスベット」が必要となります。
しかし、毎回「マックスベット」を続けたのでは、あっという間に資金がなくなってしまうでしょう。そこで、「コインサイズ」を調整してチャレンジしてください。
「コインサイズ」とは「賭け単位」のことです。機種によってさまざまですが、だいたい「0.01」程度まで可能ですから、最小単位に設定すれば「マックスベット」で楽しめます。

オンラインカジノの法的取扱い

怪しまれるカジノも多くなっている

違法なのか合法なのか、しっかりと判断するための情報は警察も入手しています。明らかにおかしいと思われているオンラインカジノは、違法の判断をして摘発している傾向もあります。海外のオンラインカジノだったとしても、色々な状況判断によって違法なサービスを展開しており、日本人にギャンブルを行っていると判断されるのです。

海外にあっても違法扱いになる場合


海外にサーバーが置かれていて、運営している会社も海外にあったとしても、オンラインカジノで違法の判断をされることがあります。オンラインカジノが用意しているサービスが、日本人向けに行われていると判断される場合には、日本人に違法な賭博を行わせていると思われてしまうのです。
本来ならオンラインカジノは、世界中の人にサービスを提供しているくことになるのですが、日本人が遊びやすいように作られていることで違法となります。

オンラインカジノの情報については、日本の警察もしっかりと情報収集を行っています。海外にサーバーが置かれていて、本来なら逮捕できるような状況じゃないとしても、日本でオンラインカジノを遊んでいるような情報を把握できるようなら、逮捕できると判断しているのです。
実際に日本で遊んでいたとしても、オンラインカジノの情報を調べられることによって、逮捕されている事例があります。逮捕されるというのは、オンラインカジノで遊んでいたことが違法として扱われることになるのです。

時間によって違法とされる場合がある


遊べる時間について、オンラインカジノは24時間としています。ところがライブゲームについては、一定の時間だけ遊べるようにしています。ライブゲームを開催している時間が、違法に取られる可能性を持っています。
世界中のプレイヤーに提供しているオンラインカジノの場合、24時間体制でプレイできるようにしているか、サービスの一部に時間制限を付けて、ディーラーの交代などを行いながらプレイさせています。いつでも遊べるようにして、世界のプレイヤーがライブゲームに挑戦できるのです。
ところが逮捕されるようなオンラインカジノは、日本人が遊びやすいように作られていたのが問題で、ライブゲームの時間が夕方から深夜にかけてとされていました。日本人に遊びやすいようにするサービスは、日本人にとってはメリットが大きいものの、実際には警察の摘発ができる状況を作ってしまい、逮捕される原因となったのです。

入金履歴を理由に違法となる場合


オンラインカジノは、入金しやすいようにサービスを作っていますので、入金履歴を把握できる可能性があります。エコペイズのように、セキュリティがしっかりしている入出金サービスの場合は、情報がなかなか出てこないので、警察も調べることが難しいです。ところがクレジットカードだけは別で、日本でも調査のできる状況を作り出し、オンラインカジノの違法判断ができるようになってしまいます。

クレジットカードの履歴が狙われる


日本でオンラインカジノをプレイしていることがわかる条件として、オンラインカジノにお金を使っていて、プレイしている環境が確認できることです。入金していないのにゲームを行っていた場合、無料ゲームで遊んでいただけの可能性もありますので、お金を使っていない場合は違法な判断ができません。2つの要素がしっかりと得られるようにしないと、警察も逮捕に踏み切れないのです。
違法として判断できる条件の1つである、入金をしている状況は、クレジットカードの履歴によって判断できます。カードの履歴を請求して、実際に使っている金額などを調べることによって、オンラインカジノへ入金していることが把握できる場合もあります。把握できた時点で、この人はオンラインカジノに入金したものと処理して、ゲームをプレイしている状況の確認に入ります。
カード以外で、入金している状況を知ることができないので、クレジットカードを使っていないユーザーの情報はわかりません。少し前は、日本の銀行から処理できるサービスが用意されていましたが、ネットバンクを使う方法も摘発されたことで、クレジットカードでは把握できないのです。

入金履歴は調べられない

オンラインカジノの情報は、警察が依頼をして提供してもらうことができないので、オンラインカジノ側が持っている入金履歴が勝手に出されて逮捕されることはありません。エコペイズなどの方法を使ったほうが良いのは、違法なギャンブルと捉えられてしまい、オンラインカジノで遊んだことで逮捕されるリスクを軽減することに繋がります。
入金履歴は、クレジットカード以外では調査不可能にされていることを考えると、入出金サービスに対応しているオンラインカジノの方がいいでしょう。クレジットカードにしか対応していないようなオンラインカジノは、違法とだと思われてしまう可能性が高くなってしまうので、利用しないほうが無難です。